若者に大人気のワーキングホリデーを調査

ワーキングホリデーの楽しさを知りました

ワーキングホリデーと年齢制限


 ワーキングホリデーには年齢制限があります。下限だけでなく上限もあるのです。それも国によって少々変わってきます。
①オーストラリア・・・18歳~30歳(申請時の年齢)
②ニュージーランド・・・18歳~30歳(申請時の年齢)
③カナダ・・・18歳~30歳(申請時の年齢)
④イギリス・・・18歳~30歳
⑤フランス・・・18歳~30歳(申請時の年齢)
⑥韓国・・・18歳~30歳(申請時の年齢)
⑦ドイツ・・・18歳~30歳(入国時の年齢)
⑧アイルランド・・・18歳~25歳(申請時の年齢) アイルランドの場合は、全日制の学校に在籍していた(いる)か、アルバイトではなく常勤で仕事をしていた場合は年齢制限が30歳まで引き上げられます。
⑨デンマーク・・・18歳~30歳(申請時の年齢)
⑩台湾・・・18歳~30歳(申請時の年齢)
⑪香港・・・18歳~30歳(申請時の年齢)

このように、ワーキングホリデーに行く事が出来るのは18歳から30歳までです。不本意ですが、年齢を超えてしまいますとワーキングホリデーの申請許可がおりません。人生は一度しかありません。ワーキングホリデーの制度を利用できる年齢もわずか12年間しかありません。思い立ったら即行動!これが人生観を大きく変えるチャンスかもしれませんよ!過ぎてしまった時間は取り戻す事はできません。

※もし、年齢制限を過ぎてしまっていた場合は、ワーキングホリデーではなく語学留学を考えてみてください。